【夢占い】夢の中に嫌いな人が出てきたときの暗示・意味とは?

夢占いにおける「嫌いな人」の基本的な意味

さまざまな夢の中でも、嫌いな人が夢に出てくるのって嫌なものですよね。顔を見るのも嫌な人と夢でも会うなんて、目覚めたとき「どうしてあの人が出てくるのよ」と不愉快で1日の始まりがどんよりするんじゃないでしょうか。嫌いな人が出てくる夢は、本当に勘弁してほしいと思うところでしょうが、夢占いではシチュエーションによってはポジティブな意味もあるものです。

まずは、嫌いな人が夢に出てきたという点で考えてみると、あなたが誰かを好きになることと同じく、かなり相手のことを意識していることが多いはず。夢に出てくるほどですので、嫌いということであっても、相手をかなり意識しているはずです。頭の中に、その嫌いな相手が存在しているからこそ、夢に出てきたのです。特に何も気しない、どうでもいい相手なら、実は夢には出てこないのです。逆に夢に出てきたことで、あなたにとってメリットのあるヒントを教えてくれているのかもしれません。それらの意味がわかれば、あなたは今より成長できるかもしれません。

何事にも視線を変える心の柔軟性を持つことで、夢占いの結果が凶であっても、吉に転ずることが可能です。あなたの考えていたことが逆転したり、思いがけず180度違った視点を得たりすることもあるでしょう。もしかしたら、この夢を見たことがきっかけで、その嫌いな相手だった人の良さを見つけて仲良くなれるかもしれませんし、感謝する日が来る可能性もゼロではないはずですよ。それでは早速、嫌いな人の夢を見た意味を探っていきましょう。

嫌いな人の夢を見るときの心理傾向

嫌いな人が夢に出て来ると、起きたその日の朝の気分はどんより。なかなかモチベーションが上がらず苦労するのではないでしょうか。「職場で会うのもストレスなのに、どうして夢にまで!?」とイライラして、せっかくの一日を台無しにしてしまう人もいるかもしれません。

いったいどうしてこんな嫌な夢を見るのでしょう。嫌いな人が夢に出てきた時の心理状態を見ていきましょう。

ストレスが溜まっている

嫌いな人の夢を見るときの多くは、ストレスが溜まっているときに見るものです。日々のストレスは自分で気づかないうちにどんどん溜まっていきます。上手に解消してあげないと、体調不良を起こしたり、人間関係がギクシャクしてトラブル続きになったりと、うまくいかなくなってますますストレスが溜まるという悪循環に。そうなると、日常で気分の良いことは起きにくくなってしまうでしょう。

夢に嫌いな人が出て来る意味や深層心理の中で一番の要因はストレス過多という事になります。ストレスが溜まりすぎて、心身共に疲れていて、こんな状況に嫌気が差している深層心理が、嫌いな人という形で夢に出てしまっているのです。

この夢をみたら、まずはリラックスできる時間を作って、心身をゆっくりと癒すことです。どんなことでも構わないので、あなたがストレスを思いっきり発散できることをして過ごしましょう。こういう時こそ、自分の好きな趣味に没頭したり、カラオケで歌いまくったり、友達と遊んだり、山や川や海など自然に触れ合ったり、ペットや動物などとのふれあいなどで癒されるのもいいでしょう。温泉に足を運んでゆっくりと温まって過ごすのもおすすめです。

心身共に疲れ切っている時は、まずゆっくりと心身共に休むことを考えましょう。横になって気楽にゆったりとしているだけでも心身が休まり、少しずつストレスを無くす事ができますよ。忙しいというあなたには、快眠するためにふかふかの枕や寝具やアロマにこだわってみるのも、おすすめですよ。そうする事で、少ない睡眠時間でも驚くほど疲れが取れたり、ストレスを解消することにつながっていくでしょう。

嫌いな人の夢を見るとき、疲れを無視してこのままいると、仕事のプレゼンや試験など、本当に大事な時に全力を出せなくなりますので要注意です。心身ともに疲れがきているサインだと覚えておいて、これを機会に自分に合うストレス発散法が見けてみるのもいいですよ。自分から積極的に取り組んでみましょうね。ストレス発散ができているかどうかで今後の人生が大きく変化していくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました