スポンサーリンク

不眠に効く!よく眠れる不眠に効果的なアロマ!睡眠の質向上に効果あり
スポンサーリンク

最近良く眠れていますか?


https://www.pakutaso.com/

私たちの生活は、日々ストレスにさらされています。
仕事や家事に追われ、疲れは溜まっているのに何故か眠れない…。
そんな不眠に悩む方も、現代社会では少なくないのではないでしょうか?

そこでご紹介させて頂きたいのが「アロマテラピー」です。
植物由来の「香り」で心身をリラックスさせ、健康維持へとつなげていく効果があり、
自立神経のバランスをとる働きもある事から、不眠の方にも効果があると言われています。

不眠のメカニズム

人間の体は交感神経と副交感神経という2種類の自律神経で成り立っています。
起きて活動している時は交感神経が優位に働き、寝ている時は副交感神経が優位に働く事で、自律神経のバランスを保っています。

不眠症の方はこのバランスが不安定な状態で、眠りにつこうと思っても「交感神経」が優位に働いてしまっている可能性があります。

アロマは不眠に効果的?

では、副交感神経を優位に働かせるにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで登場するのが「アロマテラピー」です!
香りは、脳や身体をリラックスさせ、副交感神経が優位な状態を作り出すことができます。

人が嗅覚を通して香りを感じとるのは、自律神経や免疫力、ホルモンバランスをコントロールしている「視床下部(ししょうかぶ)」と呼ばれる部分。
嗅覚から、脳の奥にある視床下部に香りが到達し刺激を受けることで、身体に作用していきます。

安眠効果の高いアロマを使用すればその効果が期待できそうですね。
続いて不眠を改善する効果のあるアロマをご紹介したいと思います。

不眠に効果的なアロマ【ラベンダー】


https://www.pakutaso.com/

安眠といえばコレ!王道のラベンダー

まずご紹介するのは言わずと知れた「ラベンダー」。
最近では様々な商品に使用されている香りなので、みなさんも1度は嗅いだことのある香りかと思います。

ラベンダーは鎮静効果が高く、甘く安らぐ香りです。
中枢神経のバランスを整える働きがあり、緊張をほぐし疲労回復の効果も期待できます。

ラベンダーは品種の多い植物で、種類によって全く違う香りを楽しむ事ができるのも特徴です。その中でも不眠に効果がきたいできるのは、「真正ラベンダー」と「ラベンダー・アングスティフォリア」の2種類。
また、産地や採れた時期によっても香りが変わってくるので、自分好みの香りを見つけててはいかがでしょうか?

不眠に効果的なアロマ【ネロリ】


http://girlydrop.com/

花から採取される希少なアロマ

続いてご紹介するのは「ネロリ」です。
ビターオレンジの木に咲く花から抽出され、オレンジの花の優しい香りが特徴的なアロマオイルです。

ネロリは「天然の精神安定剤」といわれているほど、リラックス効果が期待できます。
ストレスで落ち込んだ心をやさしく包み込んで気持ちを明るくし、不安やうつ状態を和らげてくれます。

また、自律神経のバランスを整えるため、自律神経の乱れからくる不眠症や動悸などの精神的な不調にも役立ちます。

興奮と鎮静のバランスを取ってくれるのがネロリの性質。
花から採取されるアロマでとても高価ですが、寝る前に嗅ぐと優しい気持ちを取り戻し、穏やかな気分で眠りにつくことができるでしょう。

不眠に効果的なアロマ【カモミール・ローマン】

https://pixabay.com/

「カモミールローマン」も、ラベンダーやオレンジと同じく誘眠作用の高いハーブ。カモミールティーとしてもお馴染みですよね!おしゃれなカフェではカモミールティーは定番となっていてカモミールを使ったミルクティーなどもメニューに加わっています。

眠れない時にはカモミールティーを、と言われるほど一般的にもしられているハーブ。“マザーズハーブ”とも言われ、優しく甘い癒しの香りです。少し薬草のようなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、疲れた神経を鎮める作用があり、とても落ち着きます。枕に入れて香りを楽しんだり、ハーブティーにして飲んだりすると効果的。アロマテラピーの歴史が長いオーストラリアや欧米では、眠れない時の必需品となっています。

不眠に効果的なアロマ【オレンジスイート】

https://pixabay.com/ja/

柑橘系アロマの代表格。柑橘の爽やかですっとした香りがストレスを和らげるのはもちろん、リラックスし、エネルギーの循環を促す作用があり、消化促進や冷え性への効果も期待できます。

果皮に含まれる精油成分を搾って得られる香り。アロマディフューザーで焚くと、とてもフレッシュで弾けるような甘いオレンジの香りが広がります。
精神的な作用としても効果絶大。ストレスや欲求不満をためてしまいがちな時、オレンジの香りは考え方に柔軟性を与え、楽観性と楽しむ感情を与えてくれます。もっと気楽に毎日を楽しむことを思い出させてくれます。その結果、ストレスが軽減され、安眠効果が期待できるのです。

不眠に効果的なアロマ【ベルガモット】

https://pixabay.com/ja/

やはりこちらも柑橘系の香り。ビターオレンジとも言われています。オレンジとレモンの中間のような甘い香りがして、柑橘系の香りの中でも特に人気のある香りです。オーガニック化粧品ではいろいろな化粧品にも使用されています。美容だけでなく、消化促進や乗り物酔いにも効果があるのですよ。

イタリアでは治療薬として多くの人に用いられました。ナポレオンの時代には香水としても人気だったそうです!
実は柑橘系でありながら、果汁はほとんど使用されず、果皮から得られる精油のために栽培されているという植物。

紅茶のアールグレイに使用されていると聞くと、すぐに香りを想像できる方も多いのではないでしょうか。デリケートでリフレッシュなオレンジとレモンの中間でフローラルな香りが特徴です。
心の中に溜め込んでしまっているイライラや欲求不満を解いていく効果があることから、鬱症状にもとても有効です。楽観性を与えてくれるのは、睡眠にも効果大ですよね。

不眠に効果的なアロマ【サンダルウッド】

日本では白檀と呼ばれる香木。ウッディーな香りで、日本人は仏事や日本の伝統家屋をイメージされる方も多いのではないでしょうか。オリエンタルなイメージをもつ、甘い香りの精油です。

日本だけでなくアジア圏では家具や建材に使用され、仏教やヒンドゥー教の寺院でも焚かれていました。宗教儀式にも使われてきたといいます。また、アーユルヴェーダでも薬草としてよく使用されています。現在は枯渇危惧植物との指定がされ入手が難しくなっている状況です。
心への効果として、基本的には心を鎮静させ、調和させてくれる効果があると言われています。そのため、不眠症などの神経の興奮状態を抑えてくれるのです。
喉の痛みを緩和させるといわれ、風邪にも効果抜群ですよ!

不眠に効果的なアロマ【フランキンセンス】

https://www.photo-ac.com/

日本では、乳香とも言われる穏やかで甘い香り。古代エジプトでは神にささげていたという、神聖な香りの樹脂より抽出します。身体への効果としては、呼吸器系に効果があり、咳・鼻づまりがあるときにもおすすめ。

フランキンセンスという名前は、中世フランス語の「純粋」、ラテン語の「燻す」という言葉が合わさったものと言われています。古くから神聖なものとして扱われてきたことがわかりますよね。キリスト教では、イエス誕生の時、東方の三賢人が贈りものにしたとされていているのです。

限られた人だけに許されるという乳香の採集。とても貴重な植物です。
気持ちを穏やかにさせるほんのりした香りが特徴。

不眠に効果的なアロマ【プチグレイン】

こちらも柑橘系で、ビターオレンジの枝と葉からとれるオイル。精神的な鎮静効果やニキビ改善への効果も期待できます。ビターオレンジの葉と枝からとる精油で、少し青味の残る果実の香り。

実は、前述したネロリと深い関わりが。ビターオレンジの花からはネロリ、果皮からはビターオレンジの精油が取れるのです!それぞれ安眠効果が期待できる、人間にとってありがたい存在の植物ですよね。
プチグレンとは、「小さな粒」を意味しており、もともとオレンジの未熟な小さな実から抽出されていたことから名付けられました。
(実は、ほかの柑橘系の葉と枝から抽出されたものをプチグレンという場合もあります。)
柑橘系の爽やかで甘い香りは、人間の精神をゆったりと落ち着かせてくれる効果がありますね。

不眠に効果的なアロマ【リツエアクベバ】

https://pixabay.com/

少し難しく馴染みがない名前かもしれませんが、人気のあるアロマオイルの一種。日本では枝が緑がかった色をしていることから「アオモジ(青文字)」と呼ばれ、アロマ系のお店では商品にも使用されています。

柑橘系の中に少し青臭いような香りも混じっていて、リフレッシュ効果があります。すっきりとした香りはレモングラスにも似ていると言われています。
中国では根茎を、痛み止めや消化不良などにの生薬として利用していたり、欧米のアロマテラピーでもレモンバームの代用品として使用していたりと、その爽やかな刺激は治療に利用されています。
比較的好き嫌いの少ない香りなので、香水などに利用されています。
日々の疲れで複雑な感情が入り混じってしまった頭をすっきりとさせ、眠りに導いてくれます。

不眠に効果的なアロマ【イランイラン】

女性が好むロマンチックな香りとして人気。官能的とも言われる香りは、女性らしさを引き出してくれます。ヘアトリートメントや香水などに使用されることが多い精油です。
「花の中の花」という意味を持っていてインドネシアなど熱帯地方でも珍重されてきました。暑さの中にイランイランの甘い香りが広がると、エキゾチックなリラックス感、そして喜びをもたらします。フランスの香水の歴史においても、欠かせない香りとして使われていました。

リラックス感をもたらす一方で、気持ちを高揚させる香りでもあるので、おやすみ前は低濃度で使うのがオススメ。強い香りは、逆に眠りを阻害してしまう恐れもあります。ほのかな香りを枕元に添える程度にしておきましょう。

スポンサーリンク