スポンサーリンク

【我慢すべき?別れるべき?】恋人の浮気に対する対処方法とは
スポンサーリンク

恋人の浮気…我慢して許すべき?別れるべき?

恋人の浮気が発覚した時・・・。まず頭を過るのは、「許すべきか、別れるべきか」ということではないでしょうか。しかし、精神的に動揺しており冷静な判断ができないときには、決断はしない方がよいと言えます。怒りに任せて衝動的な判断をしてしまい、後悔してしまうことは避けましょう。許すべきか別れるべきかについては、冷静にさまざまな面から考えなければなりません。実際、どのようなことについて考えるべきなのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

恋人の浮気を我慢して許すことによるメリット・デメリット

どういう判断をすればよいのか迷うときには、メリットとデメリットについて考えてみましょう。それぞれをよく比較して、今後どうするかじっくり考えることが大切です。

メリット1:好きな人とこれからも一緒にいられる

言うまでもないことですが、我慢することによって好きな人と別れずにこれからも一緒にいることができるのはかなりのメリットです。どれほど好きだった人でも、浮気をされた時点で嫌いになってしまうというタイプの方もいますが、好きな気持ちは変わらないというタイプの方もいます。後者のタイプの方にとっては、これからも一緒にいられるということは最大のメリットでしょう。

衝動的に別れてしまって後悔してしまう方は、結局のところ「これからも付き合っていたかった」という気持ちがあるため後悔しているということになります。また「我慢するなんてとんでもない」という価値観の方も、意外と別れてしまったあとに後悔しがちです。一瞬の思いで判断するのではなく、一定期間を設けて本当にこれから付き合えなくても構わないのか、しっかり考えてみてくださいね。

メリット2:カップルとしての絆が深まるかも

相手がしっかり反省するタイプなら、あなたに対して意識がよい方に変わってくることもあります。例えば、我慢してくれているあなたに対して感謝の心でいっぱいになり、今後はあなたに徹底的に尽くさなければならないと決心することもあるでしょう。

また、自分がしてはいけないことをしたにもかかわらずあなたが別れを選択しなかったことにより、あなたから愛されているという実感を覚え、あなたに対して深い愛情を抱くようになる可能性もあります。浮気を通じて、カップルとしての絆がさらに深まるということもありえるのです。

デメリット1:裏切られたという心の傷が残る

裏切られたことでできた心の傷を抱えながら付き合っていかなければならないことは、かなりの負担となり、デメリットとしてよく考えなければならない点です。人に裏切られても全く気にしないという方はいないでしょう。今後も付き合っていく中で、どうしてもふとした瞬間に浮気が発覚したときのことを思い出し、悲しい思いをすることが出てくると考えられます。

しかし、そういった気持ちを思い出すたびに相手を責めているようではお付き合いを続けることはできません。我慢をしながらも、相手に対しては何事もなかったかのように振る舞っていくことが必要です。でも何事もなかったかのように振る舞っていくことによって、また傷付いてしまうかもしれません。浮気を我慢するということは、傷付くことの繰り返しになってしまうかもしれません。そのような状態でも付き合っていきたいかは、しっかりと考える必要があります。

デメリット2:また浮気をされるかもという不安が生まれる

「これからも浮気をされるかもしれない」という不安と向き合っていかなければならないこともデメリットの一つです。裏切られてしまった以上、あなたが今後不安でいっぱいになることは仕方がないことです。どんな言葉で謝罪を受けても信じられないということもあるでしょう。

そのような心理状態の中、相手を疑いながら付き合っていかなければならないため、例えばLINEの返信が少し遅かっただけで「また浮気をしているのかも」という不安でいっぱいになるということもあります。相手のやることなすこと全てが疑わしく思えてきて精神的に疲れてしまうというケースもありますので、精神的に疲れやすいタイプの方にとっては相当な負担になってしまいます。

そのようなタイプの場合、疲れが出て体調を崩してしまうこともありますので、精神的に耐えられそうかどうかについてもよく考えるようにしてみてください。

スポンサーリンク

恋人の浮気を我慢する際に知っておきたい心構え

恋人の浮気を我慢をしていくには気を付けた方がよい心構えというものがあり、意識していくことによって、付き合い方が楽になっていきます。どのようなものがあるかご紹介します。

蒸し返さない

浮気を我慢していく中で、多くの場合、相手に対して失望感や不信感といった思いをずっと抱き続けることになります。そのため、相手に対して怒りが定期的に沸いてきてしまうことがあるでしょう。

しかし、我慢できずにその気持ちを言葉に出してしまうと、相手からすれば「過去の出来事を蒸し返されている」と感じられてしまいます。特に、喧嘩をしているときに喧嘩の内容と関係ないにもかかわらず「浮気したくせに」などと文句を言うことはやめましょう。過去のことだと割り切り、現在のお付き合いに集中するという気持ちの切り替えが大切です。思い出して怒りそうになってしまったら、相手と会うのを控えたり、趣味を楽しむなど自分の時間を設けたりするといった工夫が必要でしょう。

焦らない

裏切られたことをなかったことのようにして我慢するということは簡単にできることではありません。いったん我慢すると決めたあとで、すぐに「やっぱり許せない」という気持ちになってしまっても不思議ではありません。そこで「どうしてこんな気持ちになってしまうのだろう」と焦ることは禁物です。そのときによって変わる自分の気持ちを受け入れ、時間が解決してくれるのを待ちましょう。どっしりと構えておくことが大切です。

自分を責める必要はありません。相手に怒りの感情を持つことはおかしいことでもなんでもないのです。自分の気持ちにゆっくり向き合い、自分を受け入れていきましょう。

すっぱりと別れることを選ぶのも立派な選択肢の一つ

ここまで、主にあなたが我慢する方法について解説してきましたが、あなたが全てに耐えなければならないというわけではなく、別れると決断することも選択肢の一つです。先ほども述べたように、浮気をされたということは裏切られてしまったということです。そんなことをした相手と付き合い続けると、いつまでも心の傷が癒えない可能性は高いと言えます。

また、自分を裏切ったような人よりも、自分を大切にしてくれる人と付き合いたいと思うことは当然の心理であり、自分を大切にしたいという方は、「一度浮気をされたら別れるという選択肢しかない」という場合もあるでしょう。我慢しながら付き合うと、どうしても自分を犠牲にしなければならない場面が出てきます。我慢をしながら相手と一緒にいたい気持ちを優先するか、自分自身を大切にしたいと思うか、あなたの場合はどちらなのか考えてみることをおすすめします。

自分が後悔しない選択をすることが大切です

我慢して許すべきか、それとも別れるのかは、簡単に決められる問題ではありません。冒頭で述べたとおり、その場の感情で衝動的に決めるのではなく、じっくり時間をかけて考えることが大切です。衝動的に決めてしまうと、その選択を後悔する確率が高くなるでしょう。浮気をされたとはいえ、これまで付き合ってきた大切な恋人ですので、どのような選択をするかはあなたの今後の人生に重大な影響を与えます。

浮気をされたと知ったばかりのときは、まず精神的に落ち着くことを最優先にしましょう。そして、二人の仲も安定してきてから判断しても遅くはありません。後悔しない選択をするということを一番に考えてみてくださいね。

スポンサーリンク