【呼吸を変えて健康に】自律神経を整えるための呼吸法とは

心や体のさまざまな不調を引き起こす自律神経の乱れ。頭痛や立ちくらみ、イライラなどの症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな厄介な自律神経の乱れですが、呼吸方法を少し変えるだけで大幅に改善することができるんですよ。そこで今回は、自律神経を整えるための呼吸方法について詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも自律神経が乱れてしまう原因とは?

https://www.photo-ac.com/

自律神経が乱れる。それは実際はどんなことを言うのでしょうか。普段よく耳にすることはあっても、実際に自律神経について明確に答えるのって、意外と難しいですよね。

自律神経をもう一度おさらいしよう

神経とは、体の各部にある組織と脳をつなげる役目をしているものです。

指令や情報が神経を通じて行き来することで、 手足を動かしたり、痛みを感じたりと、体は正常に機能することができます。

神経は、

・脳や脊髄にある中枢神経
・全身にある末梢神経

この2つに大きく分けられ、更に末梢神経には「体性神経」と「自律神経」があります。

末梢神経のうち、体性神経は運動をする機能に関わっていて「動かそう」という意図により、意識的に手や足を動かすことができるのが特徴です。

これに対して、多くの内臓器官の機能に関わる自律神経は、「今から胃を動かして食べ物を消化しよう」と思ったとしても、自由にコントロールすることはできません。

また、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分けられ、シーソーのようにバランスをとりながら働いています。指令や情報は、自律神経のほうが体性神経よりもゆっくりと伝わります。

自律神経が乱れるとどうなるの?

https://www.photo-ac.com/

仕事をしたり緊張したりするときは交感神経が、休んだりリラックスしたりするときは副交感神経が活発になっています。

このどちらかが活発に働いてしまったり、逆にどちらかが働かない状態になった時に、自律神経の乱れが生るのです。

特に胃腸は、自律神経によって働きがコントロールされている器官です。胃や腸が活発に働くのは、副交感神経が優位なときですが、ストレスを受けると交感神経が優位になるので、消化吸収に影響を及ぼし、胃のもたれやムカつき、下痢や便秘などを引き起こしやすくなるのです。

自律神経の乱れは身体だけでなく、精神面でも大きな作用を及ぼします。イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じることもあります。

■交感神経が活発になると

血管がキュッと収縮し、瞳孔が開いて心拍数が増えます。血圧も上昇して膀胱が弛緩します。アクティブかつ前向きな気持ちになることがほとんどですが、これがストレスによる交感神経の活発化になると息が苦しくなったり、何度もトイレに行きたくなったり、汗が出たりするわけです。

■副交感神経が活発になると

血管が適度に弛み、血圧は低下して心拍数は下がり、穏やかな気持ちになります。寝ている時はこの状態なので、胃腸の動きが活発化して消化を促したり、膀胱が収縮して寝ている間にトイレに起きることも少なくなります。

これらのことから、活発に動くときや、緊張状態にあるときは交感神経が、休養時やリラックス状態にあるときは副交感神経がそれぞれ活発になっていることがわかります。

交感神経と副交感神経が互いにバランスを保っていることで、内臓器官の働きのバランスが保たれるので、これらをいつも良い状態でいるために、

■スマホやブルーライトを見ると脳が興奮状態になるため、夜寝る直前は避ける
■腸の状態が悪くなると、副交感神経の働きが下がってしまうので、腸内環境を整えるようにする
■軽い運動を意識して行い、脳の血流を良くする

など、簡単に出来て自律神経を整えるために役立つことはたくさんあります。

自律神経が乱れる原因ベスト3

https://www.photo-ac.com/

アクセルとブレーキのように、交互に働いて均衡が保たれている自律神経ですが、どちらかがバランスを崩すと、自律神経に乱れが生まれます。

ではその原因にはどのようなものがあるでしょうか。

関連記事