ふわりと香る♪50代女性におすすめな香水やおすすめの付け方をご紹介!

すれ違った時にふわっと香水の良い香りがする女性って素敵ですよね♪しかし、いざ香水を買おうとすると、どの香水にしようかなかなか決められないという方も多いのではないでしょうか。また、香水を付けても匂いがすぐに消えてしまったり、逆に強く匂いすぎてしまうなんて悩みもあるのでは?そこで今回は、50代女性におすすめな香水や、香りを長持ちさせる上手な付け方についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代女性におすすめの香水:ディオール ジャドール オードゥ パルファン


https://www.amazon.co.jp/クリスチャン-ディオール-116726-クリスチャンディオール-ジャドール100mlオードゥパルファンスプレー/dp/B000C1UCTQ/ref=sr_1_1?ie=UTF8

・トップノート:マンダリン・アイビーリーフ・チャムバックフラワー
・ミドルノート:オーキッド・ローズ・バイオレット
・ラストノート:ダマスカスプラム・ブラックベリームスク・アマランス

花束のようにフローラルがふんわり上品に香る、清楚な印象の香水が、ディオール「ジャドール オードゥ パルファン」です。
世代を問わず、また季節を問わず身にまとうことができそうな香りで、きつい香りがあまり得意ではない方にもおすすめできます。
大人っぽさと少女らしい純粋さが共存しているような香りは、女性を美しく魅力的に見せてくれることでしょう。
洗練されたデザインのボトルも素敵ですね。

50代女性におすすめの香水:ブルガリ モン ジャスミンノワール オー エキスキーズ


https://www.amazon.co.jp/ブルガリ-モンジャスミンノワール-エキスキーズ-オードトワレ-50mL/dp/B008A1IWHO/ref=sr_1_1?ie=UTF8

・トップノート:フレッシュ グリーンアーモンド・ピンクポメロ
・ミドルノート:ホワイトティージャスミン・グランディフローラムジャスミン
・ラストノート:ホワイトムスク・ディライトフルウッズ

ジャスミンがさわやかに香る、ブルガリの「モン ジャスミンノワール オー エキスキーズ」。涼し気でさっぱりとした香りは、暑い季節用のフレグランスとしてもおすめできます。
癖がなくさりげなく香ってくれるため、普段使いにぴったり。さっぱりとした香りを好む50代女性の方におすすめです。
男女問わず使うことができそうな香りでもあるので、パートナーとおそろいでつけるのも良さそうです。

50代女性におすすめの香水:プラダ キャンディ オードパルファム


https://www.amazon.co.jp/PRADA-プラダ-8435137727100-キャンディ-オードパルファム/dp/B005YWBOHW/ref=pd_cp_194_3?_encoding=UTF8

・シングルノート:ベンゾイン・キャラメル・ムスク

プラダの「キャンディ オードパルファム」は、最初から最後までほとんど香りが変化しない、シングルノートタイプの香水です。
ほろ苦さを感じさせる甘いキャラメルの香りは、うっとりと陶酔させます。スイーツのように甘い香りでも子どもっぽさを感じさせないため、大人の女性がつけるのにぴったりです。
「甘い香りが好きだけどガーリーすぎるものはそろそろ抵抗がある」「50代になったから大人の女性らしさを感じさせる甘い香りをまといたい」という方におすすめ。
香りが比較的強めの香水なので、つける量には注意した方が良いかもしれませんね。甘い香りなので、秋冬&プライベート向きです。

50代女性におすすめの香水:ニナリッチ レール デュタン


https://www.amazon.co.jp/ニナリッチ-レール-デュタン-50mL-【並行輸入品】/dp/B07BQBCYB4/ref=sr_1_3_sspa?ie=UTF8

・トップノート:ベルガモット・シトロン・ピーチ・ジャスミン・ガーデニア
・ミドルノート:ローズ・カーネーション・イリス・イランイラン・リリー
・ラストノート:サンダルウッド・ベチバー・シダー・クローブ・ブラックペッパー・ナツメグ・バニラ・ムスク

パウダリーで香水らしい香水といった雰囲気の、ニナリッチの「レール デュタン」。大人の女性に人気のあるフレグランスなので、大人っぽく上質な香りを身に着けたいと思っている、50代前後の女性にもおすすめできます。
生花が持つフレッシュさも感じさせるため、フローラル調の香りが好きな方にぴったりです。
ボトルのデザインが繊細かつ凝っているところも特徴で、とても魅力的です。飾っておくだけでも素敵な気分になれそう。

50代女性におすすめの香水:エリザベスアーデン グリーンティー オードトワレ


https://www.amazon.co.jp/ELIZABETH-ARDEN-エリザベスアーデン-2688400-グリーンティー/dp/B0009OAI40/ref=sr_1_2?ie=UTF8

・トップノート:グリーンティー・ルバーブ・レモン・オレンジ・ベルガモット、ペパーミント
・ミドルノート:ジャスミン、カーネーション
・ラストノート:オークモス、ムスク、ホワイトアンバー

エリザベスアーデン「グリーンティー オードトワレ」は、グリーンティーのさわやかで落ち着きのある香りの香水。レディースフレグランスではありますが、甘さ控えめで男性でも使うことができそう。
癖がなくリラックス効果が高い香りなので、リラックスしたいときや、寝る前などにシュっと一吹きするのも良さそうです。
季節やシーンを選ばず使うことができそうなさわやかな香りのオードトワレは、一つ持っておいて損はありません。

50代女性におすすめの香水:イッセイミヤケ ロードゥ イッセイ オードトワレ


https://www.amazon.co.jp/イッセイミヤケロード-イッセイ-EDT-50ml-並行輸入品/dp/B000052ZSS/ref=sr_1_1?ie=UTF8

・トップノート:ロータス・シクラメン・ローズウォーター・ピオニー
・ミドルノート:カーネーション・ホワイトリリー
・ラストノート:オスマンサス・チュベローズ・アンバー・ムスク

イッセイミヤケの「ロードゥ イッセイ オードトワレ」は、透明感あふれるさわやかなオゾンノートのフレグランス。透き通るようなさっぱりとした癖のない香りは、どんなシーンにも活躍してくれそう。
オンにもオフにも着けることができそうなので、かなり活躍の幅が広いはず。
さっぱりとしているだけでなく、ラストノートは女性らしいやわらかさもあるので、メンズライクな印象になりすぎません。

匂いを長持ちさせる香水の上手な付け方

基本の香水のつけ方

良い香りを楽しむためにも、香水のつけ方はとても大切です。

香水をつける基本の量は「ワンプッシュ」。
スプレータイプの香水が定番なので、シュっと一吹きしましょう。ロールオンタイプの香水の場合はコロコロと2~3往復するような感じでお肌に馴染ませてください。

香水は身体の「脈打つところ」につけると良いと言われています。うなじ・手首・ひざの裏……等々が定番です。
よりふんわりとさりげない感じで香らせたい場合には、空中にスプレーして、その下をくぐるような感じにすると、さりげない香りを全身にまとうことができます。強い香りが苦手な場合は試してみてください。
反対に汗をかきやすいところにつけるのはNGとされていますので、ワキや足の裏などにはつけないようにしましょう。

ちなみにうっかり香水を多くつけすぎてしまった場合には、香水をつけたところをティッシュでトントンと軽くたたくようにしてオフしてみてください。これだけでも大分香りが和らぎますよ。

NGな香水のつけ方とは?

香水をつける際には、NGポイントにも注意しましょう。
手首に香水をシュっと一吹きして両手首をこすり合わせるようなつけ方は、摩擦によって香りを壊してしまうと言われており、一般にNGです。
香水をつけるときには、こすったりしないように気を付けてください。

また香水はつける量にも気を付けたいところ。
香りになれてしまうと自分ではあまり香りを感じなくなるため、つけすぎてしまうことが多々あります。ですので、一種類の香水をずっと使い続けるのではなく、複数の種類のフレグランスを気分やシーンなどに合わせて使い分けすることをおすすめします。
香水をつけるときには「少し香りが弱いかな?」「物足りないかな?」と思うくらいにしましょう。自分で少し物足りないと感じるくらいが、適量であったりします。
いくら良い香りであってもつけすぎは周囲に迷惑をかけてしまうので、気を付けていきたいところです。

香水で良い香りのする素敵な女性に♪

関連記事