独身アラフィフ女性が出会いの為に行くべき場所とアプローチ方法

アラフィフで新しい出会いを見つけるのは難しい?

未婚者であれ離婚経験者であれ、アラフィフ女性ともなればこれまでの人生、仕事や家族のために必死にやってきたことでしょう。

そんなアラフィフ女性が、ふと肩の力が抜け「結婚したいな」と思う時が来たならば、それはチャンスなのです。一人でがんばってきたあなたが、今、誰かと寄り添いたいと思えたのなら、それがあなたの結婚のタイミングなのでしょう。

結婚はしたいと思った時がタイミング、と聞いたことはありませんか?今すぐ、結婚につながるような出会いがある場所へ飛び込むべきです。どんどん出会いのある場所に行って、結婚につながる出会いを手に入れましょう!

アラフィフ女性の結婚につながる出会いがある場所なんてある!?

そんなことわかっている!でも、「アラフィフ女性の結婚につながる出会いがある場所」なんてどこにあるの?そもそもアラフィフになったら、若い頃と違って出会いなんてほとんどないのだから!独身者に出会えることだって奇跡に近いのに!!!

言いたいことは、わかります。でも、怒らないで是非この記事を最後まで読んでください。

たしかに、アラフィフ女性は20代30代に比べたら出会いの数は少ないです。

しかし、ちゃんと「アラフィフ女性の結婚につながる出会いがある場所」は、あります!場所を間違えなければアラフィフだってちゃんと出会いはありますし、出会いを結婚につなげる事だってむずかしくはないのです。

独身アラフィフ女性が出会いのために行くべき場所

アラフィフ女性が結婚をしたいと思ったのなら、まずは出会いを掴まなくてはいけません。アラフィフ女性におすすめの、出会いを掴める場所をご紹介します。

独身アラフィフ女性が出会いのために行くべき場所①婚活パーティー

少し前までは婚活パーティーは年齢の幅が大きく、参加したら周りはみんな年下ばかりで場違いだったなんて事もありましたが、今は違います。

アラサー向け、アラフォー向け、アラフィフ向け、と別れているのでアラフィフでも場違いになる心配なんてありません。

婚活パーティーは、出会いを求めている男女が集まる場所ですから出会いの数を一気に増やすチャンスです!一人一人と話をするタイプや、お酒や軽食をつまみながら楽しむタイプなど様々です。自分の戦いやすい婚活パーティーを選ぶと良いでしょう。

すぐに良い出会いがないからと言って嘆いて、諦めてしまってはいけません。
同世代の男性とたくさん出会うことで、男性を見る目を養ったり、出会いに慣れて緊張しなくなったりと良いことがたくさんあります。

独身アラフィフ女性が出会いのために行くべき場所②結婚相談所

こちらは婚活パーティーよりも高額ですが、高額な費用を払っても結婚をしたいと思っている男性がいます。仲人さんがいるのなら、お相手男性からのあなたの印象や今どう思っているかなども教えてもらえるでしょう。また、婚活をする上でのあなたの欠点を指摘してくれたり、親身になってアドバイスをしてくれたりと一人ではない安心感があります。

恋愛から少し離れてしまって、どう進めたらいいのか不安、どうしたらいいのかよく分からない、というならば結婚相談所はおすすめの出会いの場所と言えるでしょう。

独身アラフィフ女性が出会いのために行くべき場所③一人呑みできる酒場

アラフィフになれば、お互いの家庭環境や仕事の過渡期などが変わってしまうので男女とも昔の友達と呑むことは減っていきます。そんななか、大人になれば一人で呑める場所がいくつかできることがあります。

世代や好みによってBARだったり、小料理屋や立ち呑みだったりと別れてくるでしょう。お酒の席はどの年代にとっても出会いの場所になりえます。

筆者の知人でも、酒場で知り合って結婚までしたアラフォー、アラフィフは少なくありません。一人呑みは大人だからこそできる事です。

アラフィフの出会いの場所としては、最適ですよね。

独身アラフィフ女性が出会いのために行くべき場所④趣味のサークル

アラフィフになれば、仕事も落ち着き、経済的にもゆとりが出来て趣味に打ち込む人も多いでしょう。
登山やテニス、社交ダンスなどのアクティブなものから、英会話や絵画などじっくりと取り組むものまで趣味の場所は幅広いです。

同じ趣味を持つ者同士で話しが弾むこともあるでしょうし、そこから恋愛に発展することも少なくありません。

もし、良い出会いがなかったとしても元々好きな趣味であれば時間がもったいなかったなんて思いませんよね?なによりも、好きな事を楽しんでいる女性は魅力的です。

素敵な出会いがあった時に「輝く女性」でいるためにも、趣味を持つことはおすすめです。

独身アラフィフ女性がするべきアプローチ方法

若い女性とアラフィフ女性では強みが違います。当然、アプローチ方法も若い頃とは変わってくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました