【もしかしてあなたも?】恋愛に向いてない人の特徴と前向きに恋愛を楽しむコツとは

好きな人へのアプローチ方法が分からなかったり、誰かと付き合ってもすぐに別れてしまったり…そんな恋愛下手な方もいるのではないでしょうか。あまりに恋愛が上手くいかないと、「私って恋愛に向いてないのかも」と思ってしまいますよね。そこで今回は、恋愛に向いていない人の特徴や、そんな人でも恋愛を楽しめるようになる方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

恋愛で失敗ばかり…もしかして恋愛に向いてない?


https://www.pakutaso.com/20180640165post-16500.html

恋愛がうまくいかなくて、何もかもだめに見えてくるといった経験は、ありませんか。好きな人に、振られてしまったら自分に対し自信をなくしてしまいそうになりますよね。それが怖くて、一歩が踏み出せないという女性も多いのです。

仮に、付き合えたとしても彼の交友関係が心配になったり、片思い中は会えないのが当たり前だったのに、いざ付き合ったら会えない時間の寂しさに辛くなったり、付き合ったら付き合ったなりの悩みが出てくるし・・・いっそうの事、恋愛なんかしない方がいいんじゃないか。なんて思ってしまうこともあるでしょう。
また、理想を求め過ぎてしまって結局いい結果を残せないということも。

行きすぎた言動や行動をとってしまって空回りしたりして、恋愛に向いてない自分を責めてしまうことありませんか。

「自分は恋愛が向いていない」と思い込む必要はありません。なぜ、上手くいかないのか。原因を見つけて「恋愛上手になるため」に、上手に楽しく恋愛できるようになるための方法を紐解いていきましょう!

誰もが「恋愛が得意」というわけではない


https://www.pakutaso.com/20151147314post-6241.html

踏み出そうとすると憂鬱になってしまう

 結果ばかりを気にしすぎてしまい、せっかくの片思いも楽しめないなんてもったいないですね。憂鬱になってしまうのは、思いをぶつけて嫌われるのが怖かったり、思いを伝えることによって、友達関係が終わってしまうんじゃないかと不安になってしまったりと色々な理由があります。

しかし、考え方を変えれば「もしかすると」彼もあなたのことが気になっているかもしれないという期待もありますね。まだ始まっていない恋愛を、憂鬱な気分で思い過ごしてたらもったいないです。
踏み出そうとするのがちょっと怖いのは、結果ばかりを気にしてしまっているから。当たって砕けろと強気で思っていたら案外、うまくいったりするものです。

傷つくのが怖い

恋愛が得意じゃない理由の一つに、「傷つくことを恐れている」からという人も多いのではないでしょうか。一目惚れ、両想い、恋愛には様々な始まり方がありますが、傷つくのが怖いため、遠くから見ているだけでいいなんてこともあるかもしれないですね。

恋愛に対して傷つくのが怖いということは、少なからず過去に何度か辛い経験や恋愛中に涙したことがあるからです。しかし、一つ言えることは過去の自分より今の自分の方が何倍も痛みを知っていて、人に優しくできるということ。当たり前のことですが、本を読んだり話を聞いたりして知っているだけよりも自分で体感して経験してきたことの方がより、リアルに感じ取れるものがあります。
恋愛が得意じゃないことをマイナスに捉えるのではなくて、特別な痛みや優しさを知っているんだと自信を持ちましょう。

会話のキャッチボールができない

特に、男性と一対一で話すのが苦手な女性も少なくありません。異性に対して少しでも好奇心があるかないかも重要になってきます。話を聞いてくれる女性は男性にとってとても居心地がよいですが、聞いているだけで、自分から何も発信がないと「興味ないのかな」とか、「俺ばかりが話題作りで疲れる」などと思われてしまいますよね。あまり、しつこく質問攻めされるのも嫌になってしまいますが、会話のキャッチボールは社会でも必要ですし、この際、練習台だと思ってもいいですね♪そしたら案外、スムーズに会話が成り立つかもしれません。頑張って話題を振ってあげましょう!

恋愛に向いていない人の特徴とは?


https://www.pakutaso.com/20180134018post-14852.html

人に頼ることができない

恋愛に向いていない人の特徴として、人に頼ることができないということがあります。自分一人でなんでもこなしてしまうか、無理をして一人で荷物を抱え込んでしまう2通りがあります。頼ることができないということは、甘えることができないということに比例します。
男性は、いざという時は頼って欲しいと思うものですし、肝心な時ほど強いところを見せたいのです。そこで、強気な自分が出てしまい「あなたがいなくても大丈夫」なんて男らしいところを見せてしまうと、俺がいなくてもいいんだと思わせてしまう可能性があります。

恋愛とは難しいもので、大人になると時には相手のために一歩下がってあげることも、必要なのです。そうすることでなんとなく恋愛が続いてこなかった人も、いい方向に変わっていけるでしょう。

尽くしすぎてしまう

恋愛に向いていないと周りに言われてしまうことがある人は、「尽くしすぎている」が為に、周りが見えなくなってしまっている可能性があります。
「重たい女」と言われたことありませんか。お母さんのように扱われることありませんか。
初めは「家庭的で最高な彼女」として、自慢され嬉しかったはずなのに気づけば、自分だけがなんだか彼にしてあげることの方が多くなっていることに気づき、自分から別れを告げてしまうこともあるでしょう。
気づかないところで、「彼女」から「家政婦」みたいな扱われ方をして、悲しくなってしまうパターンです。

そういった状況に彼も楽で、居心地がよくなってしまい彼女の気持ちに気づいてあげられず終わってしまうことがあります。結局、周りが見えず彼に尽くしすぎてしまうのは「彼のことが好き」な自分が好きなだけだった可能性も、否定できません。

友達でも、恋人でも適度な距離感を維持させるのは長続きさせるために必要なことなのです。

理想を高く持ちすぎる


https://www.pakutaso.com/20120952255post-1931.html

年齢を重ねていくうち、今まで続かなかった恋愛の条件からいくつか「こういった男性は苦手」とか、「収入は絶対」とか、なんとなく自分の中でアウトな男性像が膨らんで行き、最終的にそんな理想が高かったら彼氏できないよ!なんて言われることもあるでしょう。

理想が高いとは、「憧れ」とは違い現実世界で彼氏にする条件として、少々無理がある設定をしてしまっていることです。浮気はしない男性だったり、高学歴男性だったり、一つや二つ理想もあるでしょう。しかし、あれもこれもと望んでいてはせっかくの出会いが無駄になってしまいます。
内面ではなく、肩書き、外見で人を判断するようになってしまうのは、あなたも周りの男性から「恋愛に向いていない人」としての条件に当てはまってしまいます。

健気に、素直な気持ちでいることを心がけることで自然と理想な男性と出会うことができるでしょう。

言いたいことが言えない


https://girlydrop.com/girls/5353

幼い頃から自分の言いたいことが言えずそのまま大人になってしまったという方もいるのではないでしょうか。育ってきた環境により、自分の思っていることを言わず、我慢強くなってしまい、大人になって言いたいこと言えずに受け流されてしまったり。
恋愛に向いていない人で、こう言ったいいたいことが言えずにいると本当の気持ちを表に出せず告白する時も、別れを切り出す時も、また逆に切り出された時も不利になってしまいます。「こんなこと言ったら嫌われるかな」などと、伝えてもいないのに自分の中で言いたい気持ちをしまいこんでいたら自然と上辺だけのお付き合いになりかねません。

お互い、本音で伝えたいことを言い合えるようになると「何も言えない」よりも関係はずっと長く続くようになります。知らなかった相手のことや自分のことを知ってもらう機会になりますし、今まで見えなかった一面が見れて素直な気持ちになれるでしょう。

このように、きちんと伝えたいことが相手に伝わるように言葉にして表現できるようになると、今後恋愛でも役立ちます!

すぐ、面倒になってしまう

関連記事