絶品スイーツをプレゼント!贈り物にぴったりな洋菓子ランキング

お中元やお歳暮、ちょっとしたプレゼントとしてなど、あらゆるシーンで贈ることのできる洋菓子。定番洋菓子から変わりどころまでさまざまな種類があり、どれを贈ろうかなかなか決めがたいですよね。そんな洋菓子の中でも、贈り物として特に喜ばれやすい洋菓子をご紹介していきます。洋菓子を贈ろうと思っている方はチェックしてみてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

洋菓子は贈り物の定番!

洋菓子はお歳暮やお中元の季節の挨拶にはもちろん、差し入れやお礼に添えるなど、贈り物の定番です。カジュアルなものから高級なものまで、たくさんの種類があるのでTPOに合わせて選ぶことができます。

相手の好みを知っていればその好みに合わせたものを選べますし、知らない場合でも突飛なものでない限り、洋菓子にハズレはありません。

ギフトとして何を贈ろうか迷っている場合は、洋菓子をセレクトするといいですよ!

贈り物としての洋菓子の選び方とは?

https://www.pakutaso.com/20120932264post-1962.html

では、贈り物として贈る洋菓子はどのように選べばよいでしょうか。相手の方に喜んでもらうためには、次のことがポイントとなります。

サイズ、個数はちょうど良いか

洋菓子のギフトセットには、様々なサイズ、個数のものがあります。サイズの大きいものは見た目に華やかですが、あまり大きくてももらった相手が食べきれない場合があります。

また、少ないサイズのものでも華やかで喜ばれる洋菓子があるので、必ずしも大きいものが好まれるとは限りません。

ただし、中に入っているお菓子の個数には気をつけましょう。例えばご家族に贈る場合、贈った相手の家族の人数分ないような個数では、せっかく贈っても失礼に当たります。受け取る相手の家族構成や、何のための贈り物かを考慮し、サイズを考えるようにしましょう。

小分けにされているものか

洋菓子を贈る際に気になるポイントは、小分けにされているかどうかということです。いくら美味しいお菓子だからといって、一気に食べる人は少ないです。

そのため、一度開けたら保存が大変だというものは場合によっては好まれません。小分けに包装されていると、後で保存をするときに楽ですし、人数のあるところへ差し入れする場合にも、分けやすく便利です。

賞味期限はいつか

せっかくの美味しい洋菓子を贈り物として贈っても、賞味期限が近いのではせかせかしてしまうことがあるので、おいしく食べることができません。贈る相手がいつ食べるのかわかりませんので、できれば賞味期限の長い洋菓子を選ぶといいでしょう。

もちろん賞味期限の少ない洋菓子で美味しいものはありますし、贈るのも構いませんが、そのときは賞味期限がいつまでか、その洋菓子の保存方法を教えるといいですよ。

甘さが好みに合っているか

洋菓子は比較的どんな人への贈り物にも失敗がなくおすすめですが、贈る相手によって甘さの好みはそれぞれです。

例えば洋菓子の中でもプレゼントとしてポピュラーなケーキやチョコレートも、チーズやナッツが入っていて甘さ控えめで食べやすいタイプから、バターや生クリームをふんだんに使用したリッチな甘さが楽しめるタイプまでいろいろありますよね。

洋菓子を贈り物としてプレゼントする時は、その商品の甘さが相手の好みに合っているか考慮して選びましょう。

洋菓子の保管方法は問題ないか

贈り物として洋菓子を利用する場合は、洋菓子の保管方法もチェックしておきましょう。購入してすぐにプレゼントできる場合は問題ありませんが、日にちが経ってから持っていったり、宅配便などで相手の家に届けたりする場合には注意が必要です。

プレゼントする洋菓子が冷蔵の場合、賞味期限が短めなので贈りたい日にちまで持つか確認が必要です。またあまりに大きい洋菓子はプレゼントした後に贈った相手の冷蔵庫を占領してしまう可能性があるため、冷蔵の洋菓子を贈る場合は小ぶりなものが安心でしょう。

贈り物にしたい洋菓子が冷凍の場合、賞味期限が長いのでプレゼントするのにも安心ですね。ただし食べる前に冷蔵庫や常温で半日~1日程度解凍する必要がありますので、相手にプレゼントしてすぐ食べてほしい場合は注意しましょう。

また冷蔵の洋菓子と同様、あまりに大きいものは冷凍庫の邪魔になってしまう可能性があります。冷凍の洋菓子を贈り物として利用する場合は、小分けになっているものや小さめの商品を選びましょう。

洋菓子の中には、常温で長期間保存できるクッキーやマフィンなどもあります。サプライズでのプレゼントやなかなか会えない方への贈り物など、贈る日にちがはっきりしない場合は、常温で賞味期限が長い洋菓子がおすすめです。

贈り物にぴったりな洋菓子ランキング

関連記事