子育てをやりたくない…疲れてしまったママのためのアドバイス

スポンサーリンク

子育てから逃げたくなってしまう時もある!

逃げたくなってしまうとか思うのは、自分だけじゃないのか…逃げたくなるとか母親失格などと、思ってしまう自分すら攻めてしまう人も多いのではないでしょうか。そんな思いから周りの誰にも言えずに、心に秘めたまま悲しみや疲れが溜まりに溜まっていく人も少なくありません。

勿論そんな気持ちにならずに、子育てが楽しくて仕方がないというママだっています。だからと言って、あなただけではありません。世の中の子育て中のママの中に、同じ気持ちを抱えた人は居ますからね。

ママだって心が有ります。

ママだって初めての事ばかりですし、母性が有るからって初めから完璧なママなんて何処を探してもいません。パパや両親、友人、町の人たちに支えられて一緒に子供と成長していくものなんです。

逃げたくなるからといって本当に逃げるとは思っていませんよ。そんな事を本当にしようとも自分自身思っていないでしょう。でもそんな時だって有りますから、有ったって良いのですからね。

「子育てをやりたくない」と思ってしまう原因は?

子育てをやりたくないのは何故なのだろうと考えてみても、なかなか明確な答えが見つからないでしょう。考えだしたら、あの時もイライラしたな、あの時もう嫌と思ったなと思い当たる時が多すぎて分からないのです。

  • 作った離乳食やご飯を全部食べてくれない
  • ジッとして食べてくれない
  • 家を出ないといけない時間なのに、着替えてくれない
  • さぁ家を出ようと思ったら、「トイレに行きたい」と言い出す
  • お買い物中にグズグズ言い始める
  • 片付けをしても、すぐに引っ張り出して散らかる
  • 旦那が手伝ってくれない

各家庭、もちろん状況も様々でイライラする瞬間も人それぞれだと思います。
しかしお母さんになってイライラするのは、実は共通点が有ったのです。

それは、自分のペースで物事を進められないこと。

この次はあれをして、何時には家を出る…といったように計画を立てて過ごしていると思いますが、子供がいると中々思ったように準備は進みません。特に子供の年齢が小さければ小さいほど難しいものです。中でもイヤイヤ期から5歳位までは、やだやだで困り果ててしまう事も多いでしょう。

「子育てをやりたくない」と思った時の解決方法

「子育てをやりたくない」解決法①一人の時間を大切にする

いくら可愛い我が子だと言っても、母だって1人の時間が必要です。1人の時間が欲しいというのは何にも悪い事ではありません。上手に時間配分をし子供が寝ている時間に自分の時間を作るお母さんも居れば、子供たちが学校などに行っている時間に1人の時間を楽しむお母さんも居ます。

時間を作るタイミングは人それぞれ、家庭それぞれです。ご主人だって飲みに出掛けたり、自分の趣味の時間を楽しんだりと自由な時間を持ってはいませんか?

母だから子供の為に生き、母だから子供の為に時間を注ぐ…そんなこと本当は誰にも言われなくたって母親自身が一番分かっています。

それでも、そのまた母親や旦那やアドバイスを下さる街の方に言われると、ありがたいんだけれども、心が窮屈になってしまう時が有りますよね。

そんな時は、もうすでに心に余裕が無くなっている証拠。

あなた1人の子供ではありません。ご主人と2人の大切な子供です。

時にはご主人に1時間でも2時間でも交代してもらって、街をぶらぶらしてみたり、散歩したり、カフェに立ち寄ったり、映画を観に行ったり…好きな事を自分のペースで出来る日を作ってみましょう。

ご両親にとっても可愛い孫です。もし預かってくれるご両親なら、ご主人とデートするのも良いでしょう!

今の時代、一時保育というサービスも有りますので、預けて買い物をしたり美容室に行くだけでもリフレッシュ出来ます。

「子育てをやりたくない」解決法②誰かと会話をする

産休や育休を取得する働くママもいれば、お仕事はやめて子育てに専念するママもいるでしょう。

産後に気を付けたいのは、ママの体も休めないといけない、産まれたばかりの赤ちゃんを外に連れ出すのは気が引ける…と中々外出する機会が減ってしまう事です。外出する機会が減ると、緑を見たり外の空気を吸ったり何気ない気分転換や、誰かに会ってお話しすることも減ってくるのです。

また子供が大きくなっても、毎日がバタバタで忙しく中々お茶に行く時間も無くなる事があるでしょう。

ご家族、友人安心できる大好きな方と会える時は会って、会うのが難しければ電話でもかまいませんからお話しする時間を作りましょう。孤独感が和らぎます。

するとイライラも減り、話すだけでも日常の悩みや不安やイライラがスッキリするので誰かと話すことはとても大切な事です。

タイトルとURLをコピーしました